本部長挨拶


北海道大学 副学長
人材育成本部長
山口 淳二

 人材育成本部は平成21(2009)年4月に設立され、当初は若手研究者のキャリア形成の促進を目的とした「上級人材育成ステーション(S-cubic)」と、女性研究者の研究活動支援を目的とした「女性研究者支援室(FresHU)」の二部門でスタートしました。その後、平成23(2011)年には若手研究者育成事業を担う「テニュアトラック普及・定着事業推進室」を統合し、平成26(2014)年には外国人研究者のキャリア支援を目的とした「国際人材育成プログラム(I-HoP)」、および、若手博士人材育成において理念を共有する東北大学、名古屋大学とコンソーシアムを形成して協働育成環境の構築を目的とした「連携型博士研究人材育成推進室(COFRe)」を設置しました。

 人材育成本部はこのように個別にスタートした文部科学省の人材育成補助事業の実行組織を段階的に集約し、学内のニーズや大学を取り巻く環境に応じて改組を重ねて今日に至っています。現在の人材育成本部は、5部署(「ダイバーシティー研究環境推進室(Ree-D)・旧FresHU」、「研究人材育成推進室(L-Station)・旧テニュアトラック普及定着推進室」、「S-cubic」、「I-HoP」、「COFRe」)で構成されています。大きな観点では、Ree-DとL-Stationは大学若手研究者を対象とした育成、支援プログラムの企画・運営を通じて大学研究力強化に貢献し、S-cubicとI-HoPはそれぞれ日本人と外国人のDC&PD向けキャリア支援プログラムの企画・運営を通じて大学教育力強化の一翼を担っています。そして、COFReはDC&PDと若手研究者(助教)を対象とした大学連携による育成プログラムの企画・運営に継続して取り組んでいます。

このように、人材育成に係る企画・運営機能を本部に結集する目的は二つあります。ひとつは、「本学に所属するすべての若手研究者に対して人材育成・支援プログラムを提供すること」、もうひとつは「厳しい大学の経営環境において効率的な人材育成プログラムの企画・運営を行うこと」です。また、本学の学生から博士研究者の人材育成やキャリア支援は、URAステーション、高等教育研修センターやキャリアセンターなど多くの部署が関わっています。そのため、人材育成本部の各部署は現場レベルでの連携・協力関係を大切にしながら北海道大学の博士研究者の育成・支援事業活動を行っています。このようなプラットフォーム的な役割は今後ますます重要になると考えています。

人材育成は、中長期的視点に立って持続的に取り組むことが肝要です。一方、変化の激しい世の中の動きに対応しながら、柔軟な運営を行うことも不可欠です。そのためには、大学・研究機関、産業界問わず各方面でご活躍の皆様から人材育成事業に関する忌憚のないご意見等を頂戴し、われわれの人材育成事業をより一層充実したものに育てていきたいと考えています。今後とも皆様の変わらぬ指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。