人材育成本部

人材育成本部とは

 北海道大学人材育成本部は、キャリアパス多様化促進事業(平成18年~平成21年 文部科学省委託事業)、女性研究者支援モデル育成事業(科学技術振興調整費)、北大パイオニア人材共同育成システムの構築(平成21年~平成25年 科学技術振興調整費)など個別に行われていた事業を一貫した人材育成制度にするための運営組織として平成21年4月に発足しました。また、平成22年度からは、工学系教育研究センター(CEED)と人材育成本部が協働して、新たに“総合若手人材育成事業(平成22年~平成27年文部科学省特別経費)”を立ち上げました。

 人材育成本部の組織は、上級人材育成ステーション(S-cubic、I-HoP、L-Station)とダイバーシティ研究環境推進室(Ree-D)から構成されています。

 上級人材育成ステーションは、若手研究者(ドクター・ポストドクター)向け人材育成プログラムの企画、学生・研究者・指導者の就職動向や意識の調査解析、企業人脈の構築、各部局の人材育成事業との連動、学内人材育成情報の収集と解析などに取り組んでいます。

 ダイバーシティ研究環境推進室は、育児中等の研究者の両立支援等の研究環境整備、女性研究者の研究力向上やリーダー育成等の人材育成、女子学生の博士進学促進や女子中高生の理系進路選択支援等の次世代育成の取組などを実施しています。