上級人材育成ステーション(S-cubic、I-HoP、Tenure-Track)

 “博士号を取得した若手研究者はアカデミアのみならず民間企業での研究にも広く目を向け、社会でその実力をいかんなく発揮してもらいたい”。上級人材育成ステーション(S-cubic、I-HoP)ではそのための様々なプログラムやシステムの構築・運営に取り組んでいます。
 また、北海道大学、上級人材育成ステーション(Tenure-Track)では、テニュアポストを用意したリーダー育成型テニュアトラック制度の基で、国際公募を実施し、公正かつ厳正な審査にパスした若手研究者に5年間の自立的研究環境を提供し、リーダー育成プログラム義務付け、育成事業を推進しています。
 自分に適した就職を実現するのは博士の皆さん自身の意思と行動力です。これらの仕組みを積極的に活用し、活躍の場を広げてください。

自らの意思と行動力で博士の可能性を切り開こう!