シンポジウム2019

北海道大学・東北大学・名古屋大学 「連携型博士研究人材総合育成システムシンポジウム2019」

 北海道大学,東北大学,名古屋大学の3大学は,平成26年度に文部科学省の「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」に採択され「連携型博士研究人材総合育成システムの構築」に取り組んでまいりました。この度,本事業の一環として,「シンポジウム2019」を下記のとおり開催いたしますのでご案内いたします。
 本年度は皆様のご興味やご関心に応じて参加いただけるように、目的別に二つのシンポジウムを企画いたしました。下記の内容や対象を参考に多くの方のご参加をいただけますようお願いいたします。

                      記

【次世代研究者シンポジウム2019】
日時 : 令和元年10月31日(木)13時〜18時
場所 : 名古屋大学 東山キャンパス 坂田・平田ホール(理学南館)
目的 : 若手研究者の交流
内容 :・基調講演 「素粒子研究の歴史から学ぶ」 名古屋大学 小林 誠教授
    ・様々な分野で活躍する若手研究者の活動報告
対象 :アカデミア、民間企業、学生を問わず多くの若手研究者の参加を歓迎します
申込 :http://www.aip.nagoya-u.ac.jp/event/detail/0004652.html
 
【博士のキャリアパスシンポジウム2019】
日時 : 令和元年11月8日(金)13時~17時半
場所 : 名古屋大学 野依記念学術交流館
目的 : 博士研究員、博士後期課程学生のキャリアパス多様化の促進
内容 :・基調講演「ビジネスという挑戦と創造のフィールドとは」
三井物産株式会社 清水 英明氏
・博士後期課程を卒業した方々の経験、現状の報告、等
参加対象 : 全国の大学院生・ポストドクター・学部生、名古屋大学の教職員。