インターンシップ報告会

2019年度 博士インターンシップ報告会・内定者との懇親会の記録

報告会・懇親会風景



実施日
令和元年9月5日(木)
15:00~18:00 第一部・博士インターンシップ報告会 
18:00~19:30 第二部・内定者との懇親会      

第一部・報告者
報告①【インターンシップ先】住友化学株式会社
北海道大学農学院 共生基盤学専攻 DC3 穴吹 友亮

報告②【インターンシップ先】みずほ第一フィナンシャルテクノロジー
北海道大学理学院 宇宙理学専攻 DC3 一色 翔平

報告③【インターンシップ先】島津製作所
北海道大学獣医学研究科 獣医学専攻 DC4 港 江利奈

第一部・参加者の声
・インターンシップに参加する意義や感想等を三者三様に伺うことができ、大変為になった。
・博士のインターンについて、実際の内容やスケジュールを知ることにより、
 具体的になり、自分自身のパターンを想像することができました。
・業種・企業により、スキルやインターンの目的にかなり差があることを知れたため、
 インターン企業の選択の際の基準の1つになると感じました。
・インターンシップの実情が学生側の目線から聞けてよかった。
・異分野の企業でもインターンシップができて、異分野も就職先の選択肢にある
 ということを知れてよかった。
・現在はM2だが、博士になったらいち早くインターンシップの機会を作りたいと思った。

第二部・参加者の声
・色んなバックグラウンドで色んな就活をされた方のお話を聞けて、
 漠然と不安を抱いていたものに少しイメージがつかめるようになり、
 これからの指針になりました。ありがとうございました。
・普段自分の研究室以外の博士学生と話すことが少ないので、
 現在修士課程の私にとって,インターンシップに限らず様々なことを直に聴くことができたり、
 コネクションを作ったりする貴重な機会となりました。
・本当にありがたい企画でした。就活を超えた先輩の経験談は不安に感じていたこと、
 疑問に思っていたことにクリティカルな解決策・答えをくださいました。
・博士での企業就職についての先輩方の実際の話を知ることが出来て、
 博士課程進学により前向きになった。

参加人数
 ・DC   10名
 ・MC    8名   
 ・教員   2名
 ・内定者 14名   合計:34名

アンケート
皆様からのご意見・ご感想を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
 ★2019年度博士インターンシップ報告会・内定者との懇親会アンケート

2019年度 博士インターンシップ報告会・内定者との懇親会 開催案内


 概 要
 2019年度博士インターンシップ報告会・内定者との懇親会を開催します。
 第一部は人材育成本部が支援する、民間企業への中長期インターンシップ(1ヶ月~3ヶ月程度)を体験した現役博士による体験報告会です。博士課程、あるいは博士課程に進学を検討している若手研究者の皆さんに、先輩の経験を共有していただき、また教員の皆さんにも配下の博士がインターンシップにより成長することを知っていただく機会として開催いたします。
 第二部は、企業より内定を獲得した現役博士の先輩を呼び、進路の決め方や就職活動等の疑問点を直接聞くことが出来る懇親会を開催します。

 日 時
令和元年9月5日(木)15:00~19:30

 場 所
北海道大学 中央キャンパス総合研究棟1号館1階 人材育成本部会議室

 対象者
北海道大学 教員、大学院博士前期課程(MC)、博士後期課程(DC)、博士研究員(PD)

 第一部・博士インターンシップ報告会
報告①【インターンシップ先】住友化学株式会社
北海道大学農学院 共生基盤学専攻 DC3 穴吹 友亮

報告②【インターンシップ先】みずほ第一フィナンシャルテクノロジー
北海道大学理学院 宇宙理学専攻 DC3 一色 翔平

報告③【インターンシップ先】島津製作所
北海道大学獣医学研究科 獣医学専攻 DC4 港 江利奈

 第二部・内定者との懇親会
第一部の報告者に加え、人材育成本部の支援プログラムである赤い糸会やインターンシップ等への参加を経て、内定を獲得した現役博士後期課程学生およびPDが参加予定です。

 プログラム
15:00 趣旨説明 
15:20 報告・質疑応答①・【住友化学】農学院D3・穴吹友亮 
15:50 報告・質疑応答②・【みずほ第一フィナンシャルテクノロジー】理学院D3・一色翔平
16:20 報告・質疑応答③・【島津製作所】獣医学研究科D4・港江利奈
16:50 ~休憩~
17:00 報告者との座談会
18:00 内定者との懇親会
19:30 終了

 申込方法
学生の方
人材育成本部「Hi-System」にログインのうえ、「イベント情報」よりお申込みください。
(Hi-System へのご登録が必要です。)

お申込みはこちらから→
(Hi-System「イベント情報」/推奨ブラウザ IE8、9、10)
(※IE11の方はHi-Systemトップページの閲覧方法をご覧ください)

Hi-Systemへのご登録はこちらから→
(ご登録の前に、人材育成本部「Hi-Systemの概要」をご覧ください。)

教員の方
申込メールアドレスまで必要事項を記載の上お申し込みください。
・申込メールアドレス:s-cubic@synfoster.hokudai.ac.jp
・必要事項
  氏名(漢字)
  氏名(カタカナ)
  所属
  役職

*お申込み後、3日(土日を除く)以上経っても、申込受付完了のお知らせメールが届かない場合は、
  下記迄ご連絡ください。

 申込締切
令和元年8月25日(日)23:59
令和元年8月30日(金)23:59まで延長しました。

 主 催・お問い合せ
北海道大学 人材育成本部 上級人材育成ステーション S-cubic
TEL:011-706-3275   E-mail:s-cubic@synfoster.hokudai.ac.jp

 共 催
北海道大学 人材育成本部 国際人材育成プログラム I-HoP
北海道大学 人材育成本部 連携型博士研究人材育成推進室 COFRe
東北大学 名古屋大学博士課程教育推進機構キャリア教育室 横浜国立大学 兵庫県立大学 立命館大学
お茶の水女子大学 学生・キャリア支援センター 
大阪大学 共創機構産学共創本部 共創人材育成部門

 コンソーシアム連携事業名
科学技術人材育成費補助事業「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」
連携型博士研究人材総合育成システムの構築

 協 力
北海道大学 学務部 キャリアセンター

H30博士インターンシップ体験報告会の記録(ミニシンフォスター2019第三部)

報告会風景



実施日
平成31年3月12日(火)15:15~17:00 

講演者
   【インターンシップ先】JNC株式会社
    JNC株式会社
    採用担当 主幹
    山内  彰 氏
    インターンシップ生
    北海道大学生命科学院 生命科学専攻 DC2 佐竹  瞬
   【インターンシップ先】みずほ第一フィナンシャルテクノロジー
    みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社
    投資技術開発部 シニアフィナンシャルエンジニア
    高達 英成 氏
    みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社
    金融工学第二部 フィナンシャルエンジニア
    秋田 峻佑 氏
    インターンシップ生
    北海道大学理学院 宇宙理学専攻 DC2 一色 翔平
   【インターンシップ先】島津製作所
    株式会社島津製作所
    基盤技術研究所 バイオインダストリーユニット長
    叶井 正樹 氏
    インターンシップ生
    北海道大学獣医学研究科 獣医学専攻 DC3 港 江利奈

参加者の声
・異分野のバックグラウンドでも活躍出来ることが知れて良かった。
・企業を知る上でインターンシップ参加は必須であると感じた。
・民間企業に関する情報はなかなか入ってこないので知る機会となり参加して良かったです。
・インターンシップへ応募する意欲が高まりました。
・たくさんの学生が聴講すべき報告会だと感じました。

参加人数
 ・DC  22名
 ・MC   11名   
 ・大学・研究機関関係者  16名   
・企業人  10名   合計:59名

H29博士インターンシップ体験報告会の記録

報告会風景



実施日
平成30年3月2日(金)13:30~17:00 
【懇親会】 受入企業様やインターンシップ生との懇談会 17:20~18:30

講演者
【インターンシップ先】住友電気工業
住友電気工業株式会社
人事部 人材採用部 主査 渡辺 麻子 氏
インターンシップ生
北海道大学工学院 量子理工学専攻 DC2 榊 祥太

【インターンシップ先】リコー
株式会社リコー
オフィスサービス開発本部 SI開発センター 第四開発室 デバイスPFグループ リーダー 松野 陽一郎 氏
インターンシップ生
北海道大学工学研究院 附属エネルギー・マテリアル融合領域研究センター PD 石岡 準也

【インターンシップ先】パナソニック
インターンシップ生
株式会社ダイセル 研究開発本部(北大へ国内派遣)(北海道大学 生命科学院 OG) 高橋 香織 氏

【インターンシップ先】東芝
インターンシップ生
北海道大学情報科学研究科 情報エレクトロニクス専攻 DC2 林 志超
派遣教員
北海道大学情報科学研究科 植村 哲也 教授

参加者の声
・全ての話で自分にとって有益になる情報がとても多く、とても時間が早く感じました。
 自分もインターンに参加したい気持ちが強くなりました。
・これからインターンシップを考えていることもあり、大変有意義な時間になりました。
 今度は、バイオ系、再生医療分野の方のお話もお聞きしたいです。
・なかなか博士課程の就職についての情報が得られないので、実際にインターンシップに
 参加されている方の体験談を聞ける場は重要でした。
 「赤い糸会」「インターンシップ交流会」に参加してみたいと思うようになりました。
・博士課程での就職に関わる情報が少なく、進路について悩んでいた中で実際にインターンに
 いった方々の話、そして企業さんの話が聞けたのは本当に重要でした。
・学生、企業、教員、支援団体などの色々な視点からインターンシップを考えることができてよかった。
・インターンシップについて色々なことを知ることができよかったです。
 企業と大学の研究・業務の違いなどの話もあってよかったです。

参加人数
 ・DC  11名
 ・MC   4名   
 ・教員  2名   合計:17名

アンケート
皆様からのご意見・ご感想を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
 ★H29年度 博士インターンシップ体験報告会 アンケート

H29博士インターンシップ体験報告会 開催案内


 概 要
 H29博士インターンシップ体験報告会を開催します。
これは人材育成本部が支援する博士課程学生(DC)や博士研究員(PD)の、主に民間企業への中長期インターンシップ(1ヶ月~3ヶ月程度)を体験した現役博士の方々や北大OB・OG、受け入れ企業の皆さんの体験報告会です。
人材育成本部を通してこの7年間に75名ほどの博士が中長期インターンシップを経験していますが、経験したPDの96%がその後、民間企業に就職を果たしています。
DCはまだ現役の方もいますので最終的な数字ではありませんが、それでも80%に達します。
 今回、博士課程、あるいは博士課程に進学を決めている若手研究者の皆さんに、先輩の経験を共有していただき、また教員の皆さんにも配下の博士がインターンシップにより成長することを知っていただく機会として、下記のとおり博士インターンシップ体験報告会を開催いたします。

 日 時
平成30年3月2日(金)13:30~17:00
【懇親会】 受入れ企業様やインターンシップ生との懇談会 17:20~18:30

 場 所
北海道大学 学術交流会館 第1会議室

 対象者
北海道大学 教員、大学院博士前期課程(MC)、博士後期課程(DC)、博士研究員(PD)

 出席者
【インターンシップ先】住友電気工業
住友電気工業株式会社
人事部 人材採用部 主査 渡辺 麻子 氏
インターンシップ生
北海道大学工学院 量子理工学専攻 DC2 榊 祥太

【インターンシップ先】リコー
株式会社リコー
オフィスサービス開発本部 SI開発センター 第四開発室 デバイスPFグループ リーダー 
松野 陽一郎 氏
インターンシップ生
北海道大学工学研究院 附属エネルギー・マテリアル融合領域研究センター PD 石岡 準也

【インターンシップ先】パナソニック
インターンシップ生
株式会社ダイセル 研究開発本部(北大へ国内派遣)(北海道大学 生命科学院 OG) 高橋 香織 氏

【インターンシップ先】東芝
インターンシップ生
北海道大学情報科学研究科 情報エレクトロニクス専攻 DC2 林 志超
派遣教員
北海道大学情報科学研究科 植村 哲也 教授

 プログラム
13:30 開会挨拶/趣旨説明 人材育成本部 上級人材育成ステーション 樋口直樹
13:50 体験報告①・住友電気工業 工学院D2・榊祥太 
14:10 受入企業①・住友電気工業 住友電気工業 渡辺氏
14:30 体験報告②・リコー 工学研究院PD・石岡準也
14:50 受入企業②・リコー リコー 松野氏
15:10 ~休憩~
15:20 体験報告③・パナソニック ダイセル・高橋香織
15:40 体験報告④・東芝 情報科学研究科D2・林志超
16:00 派遣教員① 情報科学研究科 植村哲也教授
16:20 全体質疑
17:20~18:30 【懇親会】 講師との懇談会(参加費無料・自由参加) @学術交流会館第2会議室

 申込方法
学生の方
人材育成本部「Hi-System」にログインのうえ、「イベント情報」よりお申込みください。
(Hi-System へのご登録が必要です。)

お申込みはこちらから→
(Hi-System「イベント情報」/推奨ブラウザ IE8、9、10)
(※IE11の方はHi-Systemトップページの閲覧方法をご覧ください)

Hi-Systemへのご登録はこちらから→
(ご登録の前に、人材育成本部「Hi-Systemの概要」をご覧ください。)

教員の方
申込メールアドレスまで必要事項を記載の上お申し込みください。
・申込メールアドレス:s-cubic@synfoster.hokudai.ac.jp
・必要事項
  氏名(漢字)
  氏名(カタカナ)
  所属
  役職

*お申込み後、3日(土日を除く)以上経っても、申込受付完了のお知らせメールが届かない場合は、
  下記迄ご連絡ください。

 申込締切
平成30年2月16日(金)17:00平成30年2月23日(金)17:00

 主 催・お問い合せ
北海道大学 人材育成本部 上級人材育成ステーション S-cubic
TEL:011-706-3275   E-mail:s-cubic@synfoster.hokudai.ac.jp

 共 催
北海道大学 人材育成本部 国際人材育成プログラム I-HoP
北海道大学 人材育成本部 連携型博士研究人材育成推進室 COFRe

 コンソーシアム連携事業名
科学技術人材育成費補助事業「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」
連携型博士研究人材総合育成システムの構築

 協 力
北海道大学 学務部 キャリアセンター

H28博士インターンシップ体験報告会の記録

報告会風景



実施日
平成29年2月22日(水)13:00~17:20 
【懇親会】 受入企業様やインターンシップ生との懇談会 17:20~18:30

講演者
【インターンシップ先】ヤンマー
ヤンマーホールディングス株式会社
技術戦略部 ディビジョナルマネジャー 由利 誠 氏
インターンシップ生
北海道大学農学研究院 植物栄養学研究室 PD 前島 恵理子

【インターンシップ先】日本アイ・ビー・エム(IBM)
日本アイ・ビー・エム株式会社
研究開発 Technical Vitality & University Relations 部長 辻 智 氏
インターンシップ生
北海道大学生命科学院 生命科学専攻 生命医薬科学コース DC3 水上 雄貴

【インターンシップ先】みずほ第一フィナンシャルテクノロジー
インターンシップ生
北海道大学情報科学研究科 情報理工学専攻 DC1 高田 圭

【インターンシップ先】医学生物学研究所
インターンシップ生
北海道大学水産科学研究院 海洋応用生命科学部門 PD 西澤 瑞穂
派遣教員
北海道大学水産科学研究院 佐伯 宏樹 教授

参加者の声
・非常によかったです。先輩のあまり聞けないような話まであり、参考になりました。
・勉強になったので是非毎年してほしいなと感じました。後輩にも勧めたいです。
・博士課程でのインターンシップについて、ほとんど考えてこなかったので、知ることができた
 良い機会でした。これから前向きに考えてみようと思います。
・具体的にインターンシップの活動内容を聞き、大変参考になりました。
 特に、異分野のインターンに参加した先輩たちの経験から、自分の研究につながる就職先を
 ひろげるべきだと思いました。ありがとうございました。
・S-cubicのプログラム内容、その利用例が参考になりました。
 また、企業が求める博士人材というのがどこの企業でもおおよそ一致している感じを受け、
 自身の今後を考える上で参考になりました。
・先月から就職を視野に入れて活動し始めたので、ちょうど良いタイミングでこのような機会が
 得られてよかったです。これからの活動の判断材料になりました。

参加人数
 ・PD    1名
 ・DC  13名
 ・MC  16名   
 ・教員   6名   合計:36名

アンケート
皆様からのご意見・ご感想を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
 ★H28年度 博士インターンシップ体験報告会 アンケート

H28博士インターンシップ体験報告会 開催案内


 概 要
 H25年以来、3年ぶりに博士インターンシップ体験報告会を開催します。
これは人材育成本部が支援する博士課程学生(DC)や博士研究員(PD)の、主に民間企業への中長期インターンシップ(1ヶ月~3ヶ月程度)を体験した現役博士の方々や受け入れ企業の皆さんの体験報告会です。
人材育成本部を通してこの6年間に70名ほどの博士が中長期インターンシップを経験していますが、経験したPDの96%がその後、民間企業に就職を果たしています。
DCはまだ現役の方もいますので最終的な数字ではありませんが、それでも80%に達します。
 今回、博士課程、あるいは博士課程に進学を決めている若手研究者の皆さんに、先輩の経験を共有していただき、また教員の皆さんにも配下の博士がインターンシップにより成長することを知っていただく機会として、下記のとおり博士インターンシップ体験報告会を開催いたします。

 日 時
平成29年2月22日(水)13:30~17:00
【懇親会】 受入れ企業様やインターンシップ生との懇談会 17:20~18:30

 場 所
北海道大学 学術交流会館

 対象者
北海道大学 教員、大学院博士前期課程(MC)、博士後期課程(DC)、博士研究員(PD)

 出席者
【インターンシップ先】ヤンマー
ヤンマーホールディングス株式会社
技術戦略部 ディビジョナルマネジャー 由利 誠 氏
インターンシップ生
北海道大学農学研究院 植物栄養学研究室 PD 前島 恵理子

【インターンシップ先】日本アイ・ビー・エム(IBM)
日本アイ・ビー・エム株式会社
研究開発 Technical Vitality & University Relations 部長 辻 智 氏
インターンシップ生
北海道大学生命科学院 生命科学専攻 生命医薬科学コース DC3 水上 雄貴

【インターンシップ先】みずほ第一フィナンシャルテクノロジー
インターンシップ生
北海道大学情報科学研究科 情報理工学専攻 DC1 高田 圭

【インターンシップ先】医学生物学研究所
インターンシップ生
北海道大学水産科学研究院 海洋応用生命科学部門 PD 西澤 瑞穂
派遣教員
北海道大学水産科学研究院 佐伯 宏樹 教授

 プログラム
13:30 開会挨拶/趣旨説明 人材育成本部 上級人材育成ステーション 樋口直樹
13:50 体験報告①・ヤンマー 農学研究院PD・前島恵理子 
14:10 受入企業①・ヤンマー ヤンマーホールディングス由利氏
14:30 体験報告②・日本IBM 生命科学院D3・水上雄貴
14:50 受入企業②・日本IBM 日本IBM 辻氏
15:10 ~休憩~
15:20 体験報告③・みずほ第一FT 情報科学研究科D1・高田圭
15:40 体験報告④・医学生物学研究所 水産科学研究院PD・西澤瑞穂
16:00 派遣教員① 水産科学研究院 佐伯宏樹教授
16:20 全体質疑
17:20~18:30 【懇親会】 講師との懇談会(参加費無料・自由参加) @学術交流会館内

 申込方法
学生の方
*履修登録の有無にかかわらず必ずお申込みをお願いします
人材育成本部「Hi-System」にログインのうえ、「イベント情報」よりお申込みください。
(Hi-System へのご登録が必要です。)

お申込みはこちらから→
(Hi-System「イベント情報」/推奨ブラウザ IE8、9、10)
(※IE11の方はHi-Systemトップページの閲覧方法をご覧ください)

Hi-Systemへのご登録はこちらから→
(ご登録の前に、人材育成本部「Hi-Systemの概要」をご覧ください。)

教員の方
申込メールアドレスまで必要事項を記載の上お申し込みください。
・申込メールアドレス:s-cubic@synfoster.hokudai.ac.jp
・必要事項
  氏名(漢字)
  氏名(カタカナ)
  所属
  役職

*お申込み後、3日(土日を除く)以上経っても、申込受付完了のお知らせメールが届かない場合は、
  下記迄ご連絡ください。

 申込締切
平成29年2月10日(金)17:00平成29年2月17日(金)17:00

 主 催・お問い合せ
北海道大学 人材育成本部 上級人材育成ステーション S-cubic
TEL:011-706-3275   E-mail:s-cubic@synfoster.hokudai.ac.jp

 共 催
北海道大学 人材育成本部 国際人材育成プログラム I-HoP
北海道大学 人材育成本部 連携型博士研究人材育成推進室 COFRe

 コンソーシアム連携事業名
科学技術人材育成費補助事業「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」
連携型博士研究人材総合育成システムの構築

 協 力
北海道大学 学務部 キャリアセンター