インターンシップ

候補生募集

平成29年度DC・PDインターンシップ候補生募集
人材育成本部(S-cubic)では、北大のDC・PDを対象にした企業インターンシップの 支援プログラムを推進しています。

DC・PDの若手研究者の皆さんが、ご自身の(近い)将来の活躍の場として企業の研究開発職を考えておられるなら、実際の企業でのインターンシップの経験は大きな意味を持つと思います。実際の働く現場を見、先輩社員との交流を通して、企業の研究開発業務を体験することができます。企業でも昨今は博士の採用が年々増加しており、また、インターンシップ経験を推奨しています。

過去5年間、人材育成本部(HoP-Station)で本事業を推進してきましたが、58名 の北大のDC・PDが38社の企業でインターンシップを経験し、その中でマッチングの成立した80%の人が民間企業への就職を果たし、活躍しています。本事業は平成26年度から人材育成本部(S-cubic)が担当しています。

全ての経費ではありませんが、旅費、滞在費などの一部を支援する仕組みもあります。希望する企業との接点づくりから支援します。是非この機会に応募されませんか?D1から応募可能です。


授業科目名
1.大学院共通授業科目「博士インターンシップ」(2単位)

2.生命科学院 生命科学専攻 大学院(博士)専門科目(研究指導科目を含む)「博士インターンシップ」(2単位)

※所属大学院に応じて、単位の必要な授業科目名で登録してください。

対象者
北海道大学に所属する博士後期課程院生(DC)、
 及び博士研究員(PD)※博士学位取得後5年以内の者

募集人数
5~12名

場 所
国内外の企業・大学

期 間
1~3ヶ月程度(詳細条件は相談のうえ決定)

待 遇
旅費、滞在費などの一部を支援(インターンシップ先により異なる)

その他
インターンシップ参加に関して指導教員の同意を得ること。
損害保険の加入。

申込方法
下記、インターンシップ申込書をダウンロードし、メールでお送りください。
申込書を確認後、人材育成本部にて面談を行います。

■申込書提出先■
人材育成本部 S-cubic 担当:山本
E-mail:s-cubic@synfoster.hokudai.ac.jp

■インターンシップ申込書■
こちらからダウンロードしてください(EXCEL)(19 KB)
これまでの主なインターンシップ実施企業
アミノアップ化学、NEC、クラシエ製薬、神戸製鋼所、サントリー、JNC、JFEエンジニアリング、塩野義製薬、データフォーシーズ、東急建設、東レ、日生バイオ、日本IBM、日本アレフ、パナソニック、日立製作所、マルハニチロ、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー、ヤンマー  その他多数

主 催・お問い合せ
北海道大学 人材育成本部 上級人材育成ステーション S-cubic
TEL:011-706-3275   E-mail:s-cubic@synfoster.hokudai.ac.jp

共 催
北海道大学 人材育成本部 国際人材育成プログラム I-HoP
北海道大学 人材育成本部 連携型博士研究人材育成推進室 COFRe
東北大学 名古屋大学 横浜国立大学 兵庫県立大学
お茶の水女子大学 学生・キャリア支援センター
大阪大学 産学共創本部 共創人材育成部門

協 力
北海道大学 学務部 キャリアセンター