事前準備

企業分析のポイント

◆「あなたが出会う企業」
 赤い糸ONLINEには様々な分野の企業が参加されます。
 皆さんが将来働く企業かもしれませんし、もしくは共同研究する企業かもしれません。
 専門的な出会いもあれば、思いもよらない分野との出会いもあるかもしれません。
 運命の出会いはどこではじまるかわかりません。

◆「まずは訪問してみる」
 今回出会う企業のHPを是非覗いてみてください。HPは、皆さんが企業の方と出会った際に聞きたいこと、お話したいことなどが書かれている宝の山です。
 どんな研究開発を行っているのかをざっと調べることもできます。
 自分たちの会社について知ってもらうために、企業のHPには興味深い内容がたくさん書かれています。

◆「データから分析!」
 博士の皆さんは分析のスペシャリストなので、“有価証券報告書”を読むことができます。
 有価証券報告書は企業の「情報のかたまり」です。
 これを読むことで、レベルの違う情報を入手できます。
 気になる企業のHPにアクセスし、IR(Investor Relations) LibraryやIR資料室、IRレポート、IR報告書などのページをみると、有価証券報告書が掲載されています。
 有価証券報告書は上場企業に法的に開示が義務付けられた投資家向け情報で、研究開発方針から事業リスクまで、企業が言いたくないことも含めて本当のことが書かれています。
 
 有価証券報告書を読むメリットは
    ・真実のデータが読める!
    ・研究開発方針がしっかり書いてある!
    ・どんな分野に注力しているかがわかる!
    ・企業の方と話す際に会話のレベルが全く変わってくる!!などなど
                                です。
 
 目次をみると、【主要な経営指標等の推移】【研究開発活動】【従業員の状況】など様々な情報が掲載されています。
 これらをみることで、企業が研究開発にどれくらい投資しているかなども調べることができます。

【有価証券報告書の見方の一例】
 ①“売上高研究開発費比率”をみてみる。
  「たくさん売上がある企業」がどれだけ研究費を使っているかという比率です。
  その売上げを元に企業が何をしているのか、全て書かれているのが有価証券報告書です。
  例えば、「売上げが多ければ研究費を多く使っていることになるのか?」などもわかってきます。
   
 例をひとつあげてみましょう。
   
  ≪前提条件≫
   多くの場合、企業の研究開発投資額の約半分が人件費です。
   残りの半分は研究開発費です。
     
   ★ケース1 A社
     売上高が2.7兆円、研究開発投資比率が1%とする場合、
     人件費が135億円、残りの135億円が研究にかけるお金となります。
   ★ケース2 B社
     売上高が8000億円(A社の約1/3)、研究開発投資比率が25%とする場合、
     人件費が1000億円、残りの1000億円が研究にかけるお金となります。

   B社はA社に対して、研究開発費がかかる事業だということがわかります。
   ただし、その企業がどんな事業を行っているのか、総合的な判断が必要となります。
   同じ業界であれば、どちらの企業が研究に注力しているかを推定できます。
   
 ②“研究開発活動”をみてみる。
   研究開発活動の課題では、企業の現状、方針、どこに注力しているかなどを読みとることができ
  ます。
   
 ③その他、“事業の状況”“業績等の概要”“対処すべき課題”“事業等のリスク”なども読んでみる。

【その他の資料】
次のページ等にある“中期経営計画書”“研究開発戦略説明会資料”なども読んでみる。

プレゼンテーション動画作成ガイド

赤い糸ONLINE専用サイトに自身の研究内容や研究能力、特徴や将来実現したいことをプレゼンテーションする動画を掲載します。
次のような手順で作成していただきますので、ご準備ください。

手順
1.プレゼンテーション動画用パワーポイントの作成
 動画を作成する元になるパワーポイント資料を作成してください。
 発表は3分30秒程度です。
 作成する前に、必ず以下の参考資料をご覧ください。
 ELMSより提出していただきますので、期限までに各自アップロードをお願いいたします。

2.プレゼンテーション演習
 研究テーマの表現(専門以外の方にも分かりやすいか)、将来実現したいことの表現(誰でも言えるようなことではないか、他の人とは異なる具体性があるか)などを互いにチェックした後に、3分30秒のプレゼンテーションをしてもらいます。
 教員及び他の参加者がその内容をチェックし、フィードバックします。

3.プレゼンテーション動画用パワーポイントの修正
 プレゼンテーション演習のフィードバックを元に内容を修正します。その後、教員が内容を再チェックします。

4.動画の作成
 各自が動画を作成し、提出します。

企業の採用担当者からは、「博士人材の創意工夫を見たい。ただし、最低限の情報は必ず含むようにして欲しい。」という要望がありました。プレゼンテーション演習で必要な情報が含まれているか、それは専門外の方々にも伝わるような表現になっているのかを確認し、その上で、自分らしさが表現できるように創意工夫した動画を作成しましょう。

参考資料(作成前に必ずご覧ください。)
プレゼンテーション動画の作り方に関する動画をELMSのグループページにて掲載しております。

形式
ELMSのグループページをご参照ください。

アップロード先
ELMSのグループページにアップロードしてください。

※詳しくは「赤い糸会<赤い糸ONLINE>」のグループページをご確認ください。
(参加が確定次第、ELMSのグループへ追加いたします。)

自己PRシート作成ガイド

赤い糸ONLINE専用サイトに掲載する自己PRとして、赤い糸ONLINE参加企業へ博士人材の自己PRシートを公開します。
ご自身について知っていただき、さらに理解を深めていただくことが目的です。
プレゼンテーション演習終了後に改定したパワーポイントを基にシンプルで分かりやすい自己PRシートを作成してください。

ELMSより提出していただきますので、添付資料を参照の上、期限までに各自アップロードをお願いいたします。

内容
  ・A4用紙1枚 (PDF形式)
  ・書式フリー(写真入りも可)
  ・氏名、所属は必須

参考(作成前に必ずご覧ください)
・自己PRシートの書き方(動画)
※動画内では「アブストラクト」と表現していますが、「自己PRシート」に置き換えて視聴してください。
また、過去のアブストラクトには「将来実現したいこと」は記載されていませんが、今回作成する自己PRシートには必ず含めてください。

https://cofre.synfoster.hokudai.ac.jp/cgi-bin/video/video.cgi/view/?id=900/

・サンプル:自己PRシート(PDF)

アップロード先
ELMSのグループページにアップロードしてください。
詳しくは「赤い糸会<赤い糸ONLINE>」のグループページをご確認ください。
(参加が確定次第、ELMSのグループへ追加いたします。)

お問い合せ

プレゼンテーション動画・自己PRシートに関するお問い合せは下記迄ご連絡ください。

人材育成本部 上級人材育成ステーション S-cubic
TEL:011-706-3275  E-mail:s-cubic@synfoster.hokudai.ac.jp
トップページ
人材育成本部
人材育成本部
本部長挨拶
組織
役職者、スタッフ
シンフォスター
上級人材育成ステーション
上級人材育成ステーション
S-cubic(Superior Skill Station)
S-cubicとは
赤い糸会
開催案内&記録
事前準備
赤い糸会 履歴書提出のお願い
バックナンバー
Advanced COSA(理系・科学技術系大学院生)
開催案内&記録
バックナンバー
Advanced COLA(人文・社会科学系大学院生)
開催案内&記録
バックナンバー
キャリアパス多様化支援セミナー
開催案内&記録
バックナンバー
企業事業所視察
開催案内&記録
バックナンバー
キャリアマネジメントセミナー
受講者ページ
番外編(単位対象外)
バックナンバー
インターンシップ
インターンシップ報告会
バックナンバー
J-window
S-cubic年間スケジュール
よくあるご質問(FAQ)
リンク
各種資料ダウンロード
パンフレット
Hi-System
ダウンロード
よくあるご質問(FAQ)
研究者管理システム
I-HoP(Hokudai International Human Resource Development Program)
お知らせ
キャリアコンサルテーション
Borrowing Japanese Language Books(日本語学習テキストの貸出について)
リンク
News Letter
L-Station
ダイバーシティ研究環境推進室
ダイバーシティ研究環境推進室
Ree-D(Promotion office of Research environment for Diversity)
連携型博士研究人材育成推進室
連携型博士研究人材総合育成システム
アクセス
アクセス
マップ
お問い合わせ
お問い合わせ
すべてのメニューを閉じる