語学e-ラーニングシステム

語学e-ラーニングシステム(英語・日本語自習用e-ラーニングシステム)一時停止のお知らせ

語学e-ラーニングシステム(英語・日本語自習用e-ラーニングシステム)登録者の皆様

              北海道大学 人材育成本部
              上級人材育成ステーション 特任教授 樋口 直樹

平素より、語学e-ラーニングシステム(英語・日本語自習用e-ラーニングシステム)をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
2011年よりご利用いただいておりました語学e-ラーニングシステムですが、サーバの老朽化のため、10月31日をもちまして一旦サービスを終了する運びとなりました。

今後のサービスのご提供につきましては、日本語学習ついては2017年1月にクラウド環境での提供を予定しておりますが、英語学習についての再開は資金等の問題もあり、今のところ未定です。

急なご連絡となり、大変申し訳ありませんが、ご理解のほど何卒お願い申し上げます。

■ご利用停止日
  2016年10月31日 
(注意:学習情報は全て削除されます。日本語学習につきましても学習情報の引継ぎはできません。)

■停止作業開始日
  2016年11月1日

■本件に関するお問合せ先
人材育成本部上級人材育成ステーション S-cubic
TEL:011-706-3275 (内線:3275)
E-mail:s-cubic@synfoster.hokudai.ac.jp



Suspension of e-learning services


Immediate notice to the e-learning users;

S-cubic and I-HoP regret to inform the Hi-System users that the provision of e-learning services (English and Japanese learning) will have to be suspended due to anticipated degradation of the system. Japanese e-learning program by I-HoP will resume to work in January, 2017 with a new log-in process which will be communicated in the coming weeks. We apology for the inconveniences which may be caused by this abrupt interruption of the service.

Effective date of the suspension: End of business hours, Monday, October 31, 2016
(Caution: Your current study record will be lost. Your data will not be transferred to the new service.)

Inquiry for Japanese e-learning: I-HoP
Tel: 011-706-2157
E-mail: ihop@synfoster.hokudai.ac.jp

語学e-ラーニングシステム

学習ガイド (英語コース)

学習ガイド (日本語コース)

語学e-ラーニングシステム

パイオニア人材の活躍の場は世界です。
世界を舞台に活躍するためには英語は必需品。
Hi-Systemに登録すると自習のできるe-ラーニングシステムを使うことができます。
実力判断ができ、初級から上級まで利用者に合わせた自習が可能です。


■登録について
Hi-Systemのアカウントでご利用いただけます。

*Hi-Systemはこちらから登録できます。→
*北大教職員でe-ラーニングのみの利用を希望される方は、Hi-Systemの登録は不要です。「職員番号、所属名、役職名、氏名、連絡先メールアドレス」を明記の上、 s-cubic@synfoster.hokudai.ac.jpへご連絡下さい。

■登録の流れ
登録の流れ
1・人材育成本部HPよりHi-Systemへご登録をお願いいたします。
2・Hi-SystemよりHi-System登録完了のメールが届きます。
3・Hi-System登録完了メール後、別途「英語自習用e-ラーニングシステムのご利用について」のメールが届きます。
※e-ラーニングのアカウントとパスワードについてはメールでお知らせいたします。
※登録まで3~7日かかる場合がございます。ご了承ください。

■コース一覧
 ご利用可能なコースが4つございます。
 □スーパースタンダードコース
 □技術英語パワーアップコース
 □TOEIC(R)テスト演習2000コース
 □日本語コース

■スーパースタンダードコース
8段階のステップ学習でリーディング、リスニングを学習。さらにTOEICテストに準拠したミニテスト形式の模試で実践力をつけます。

*管理者の設定によって異なりますが、通常はレベル診断テストでレベル を判定してからリスニング、リーディングの学習ができます。


■サブコース名
レベル診断テスト
リスニング
リーディング
TOEIC(R)テスト演習

■ユニット構成(サブコース名 / ユニット数)
レベル診断テスト / 4ユニット
リスニング / 100ユニット(通常モード50+アドバンスモード50)
リーディング / 100ユニット(通常モード50+アドバンスモード50)
TOEIC(R)テスト演習 / 10ユニット

■1ユニットの学習時間(目安) サブコース / ユニット / 学習時間(目安)
レベル診断テスト / 語彙 / 15分
レベル診断テスト/ リスニング / 20分
リスニング / 通常モード / 20~30分
リスニング / アドバンスモード / 10~20分
リーディング / 通常モード / 20~30分
リーディング / アドバンスモード / 10~20分 TOEIC(R)テスト演習 / 30~40分

■技術英語パワーアップコース
技術英語パワーアップコースは、簡潔・明瞭・正確であることを特徴とする理系英語の基礎力と、技術論文を読み書きするために必要な論文力(論理的に文章を読解し、構成する力)を身につけるコースです。

■TOEIC(R)テスト演習2000コース
豊富な問題量と、本試験さながらの出題形式でTOEIC(R)テストに慣れ、また所属する組織での実力をおおまかに測ることができます。

■日本語コース
聴解、読解、語彙、文字という多方面から日本語を学習するコースです。 さらに日本語能力試験のミニテスト形式の模試で実践力をつけます。

学習者ガイド
(学習ガイドの表示にはFlashプレイヤーが必要です。http://www.adobe.com/software/flash/about/

■その他・注意事項
※各サブコースは学習期限まで学習できます。万が一、学習期間が終了した場合、再登録が必要となりますのでご連絡ください。
※学習を終了する際はブラウザの閉じるではなく、必ずログアウトから終了してください。(エラーや学習履歴が残らない場合があります。)
※現在、e-ラーニングシステム内のメール機能はご利用いただけません。お手数ですがお問い合わせはS-cubic(s-cubic@synfoster.hokudai.ac.jp)へお願いいたします。
※万が一、機器が故障した場合は、e-ラーニングシステムの提供を停止する場合がございますので、あらかじめご承知おきください。

■ログイン
ログインは以下のバナーをクリックして下さい。↓


■e-ラーニングシステムに関するお問合せ
e-ラーニングに関するお問合せはS-cubicへお願いいたします。
人材育成本部 S-cubic
メール:s-cubic=synfoster.hokudai.ac.jp 電話:011-706-3275
※=を@に変えてお問合せください。

英語コース 学習ガイド


e-learning - スーパースタンダードコース学習ガイド(2,600 KB)

e-learning - TOEICテスト演習コース学習ガイドja(1,431 KB)



※ 技術英語パワーアップコースの学習ガイドはダウンロードいただけません。
 必要な方はお問い合わせください。

日本語コース 学習ガイド

e-learning (AlC NetAcademy2) の操作方法や運用方法、学習方法について説明した学習ガイドです。
ぜひご活用ください。
e-learning - Japanese Course Instruction (Japanese)(3,908 KB)

e-learning - Japanese Course Instruction (English)(3,329 KB)

e-learning - Japanese Course Instruction (Chinese)(3,906 KB)
トップページ
人材育成本部
人材育成本部
本部長挨拶
組織
役職者、スタッフ
シンフォスター
上級人材育成ステーション
上級人材育成ステーション
S-cubic(Superior Skill Station)
S-cubicとは
赤い糸会&緑の会
開催案内&記録
参加企業情報
ポスター作成ガイド
赤い糸会&緑の会 履歴書提出のお願い
バックナンバー
Advanced COSA(理系・科学技術系大学院生)
開催案内&記録
H29 Advanced COSA 受講者ページ
バックナンバー
Advanced COLA(人文・社会科学系大学院生)
開催案内&記録
H29 Advanced COLA 受講者ページ
キャリアパス多様化支援セミナー
開催案内&記録
バックナンバー
企業事業所視察
開催案内&記録
バックナンバー
キャリアマネジメントセミナー
H29 受講者ページ
番外編(単位対象外)
バックナンバー
インターンシップ
インターンシップ情報
インターンシップ報告会
バックナンバー
J-window
S-cubic年間スケジュール
よくあるご質問(FAQ)
リンク
各種資料ダウンロード
パンフレット
大学院生キャリアパスポート
Hi-System
ダウンロード
よくあるご質問(FAQ)
研究者管理システム
語学e-ラーニングシステム
I-HoP(Hokudai International Human Resource Development Program)
お知らせ
キャリアコンサルテーション
e-learning
Short Cut Akai-Ito-Kai
リンク
イベント参加企業
News Letter
データ
企業の皆様へ
Tenure-Track
事業終了
女性研究者支援室
女性研究者支援室
FResHU(Support Office for Female Researchers in Hokkaido University)
連携型博士研究人材育成推進室(COFRe)
連携型博士研究人材育成推進室(COFRe)
プログラム
北海道大学 公募情報
連携型博士研究人材総合育成システム
アクセス
アクセス
マップ
お問い合わせ
お問い合わせ
すべてのメニューを閉じる